Pinterest 楽天ROOM

SE(システムエンジニア)は辛いよ【新人が客先常駐で鬱になりかけた話】

未分類

今から約2年前にシステムエンジニアとして約半年間働いていた時の話をして行こうと思います。
これは自分が感じた個人での意見です。SEをやっているみんなが辛いわけではないと思いますし、趣味や楽しんでやっている方も多いと思います。

SE(システムエンジニア)とは

SEはシステムエンジニアの略で、主にクライアントのニーズを把握し、どのようなシステムにしていくかを決めたり、基本設計、プログラミング、テストを行なったりします。
開発言語としては、C、JAVA、PHP、Ruby、Swift、Pythonなどが使用されます。

SE(システムエンジニア)になるまで

きっかけ

最初に言ってしますと、SEではなくWEBデザイナーになりたかったのです。
ではなぜSEになったのか…

僕が、このWEB業界に興味を持ち始めたきっかけは、ある1人の友人でした。
その友人がWEBデザイナーの仕事をしており、仕事の話をしてると「この仕事面白そうだな〜」なんて思い興味を持ち始めたのがきっかけです。
その時の自分のWEBデザイナーという仕事のイメージは、バナーの作成をしたりホームページ制作をしたり、お洒落な会社で仕事をしたり、カフェで仕事をしたりという感じでした笑

僕は、HTML、CSS、Photoshop、Illustratorを駆使して、バナー作成やホームページ制作をしたかったのです。

それからWEBデザイナーという仕事をGoogleで色々調べたりし、独学で勉強を始めることにしました。

独学でwebの勉強を始める

まずは、MacBookを購入しました。自分への投資ですね笑
パソコンなくちゃ何もできない笑
で、何から勉強していいのかもわからない状態だったのでとりあえず本屋さんにいき、HTML/CSSの本を購入してきました。

その時購入した参考書はこちら↓↓

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版 [ 狩野 祐東 ]

価格:2,178円
(2020/5/27 20:03時点)

非常にわかりやすく、実習用のツールや素材があらかじめあるので、勉強していて楽しく、また自分の書いたコードが画面に反映される面白さを知りました。

参考書を2周くらいした後、プロゲートに取り掛かりました。
やったのは、HTML/CSSの初級編と中級編を2周ほど、あとはドットインストールでもHTML/CSSを勉強しました。
ここまでは、マークアップ言語ですね。

問題はここからです。プログラム言語のPHPに手をつけたくらいから少し難しくなっていきました。

無料のプログラミングスクールに通う

PHPを始めたくらいから、さすがに独学だと厳しいと思うようになりスクールに通うことにしました。
ただ、当時は時間とお金がなくとてもいいスクールになんか通うことができませんでした。
スクールに通う前は契約社員として働いており、空いた時間で独学で勉強をしておりました。で、がっつり勉強をしたいと思い、思い切って有給を全部使いニートになりました笑

そこから無料のスクールを調べそこで出てきたのがワークポートさんでした。
そこで約1ヶ月間ほど、独学しながらスクールに通い、同時に転職活動もしていました。
ワークポートさんは転職の面接の練習などもしてくれ無料でここまでしいてくれるのか、と感動しました。

転職

独学で勉強を始めてから約2ヶ月、転職活動を始め2社に応募し面接しました。
1社は落ち、1社は内定という結果でした。
技術も実績も全くない状態でしたので、完全にポテンシャル入社でした笑

ただここからが、地獄の始まりでした。

全く知識もなく、この業界のこともあまりしらずに内定を頂いた会社に飛び込みました。

.
.
.

これ、やりたかったことじゃない。

webデザイナーになりたかったのに、この仕事はプログラマーなのか?
なんか自分のやりたい事と違う方向に進んでいる気がしました。

JAVA?Swift?触ったこともないけど?状態でした。

SEスタート

SEの働き方

SEの働き方は、大きく分けて2つです。

自社開発か客先常駐型かです。

自社開発はある程度スキルを持っていないと入社は難しいと言われていました。
自分の入社した会社は客先常駐型でした。
まあ、簡単にいうと正社員として会社に所属はしているけど、実際に働くのはクライアント先。要するに派遣みたいな感じですね。

入社してから

まず入社してから2週間くらいは自習期間でした。
研修があるわけでもなく、何か課題が与えられるわけでもなく、朝来てから帰るまでひたすら自習笑 少しは研修があるものだと思っていたのですが、そんなのありませんでした。まあ会社は学びに行く所でもないし、自分で行動しスキルを身につける所っていうのもわからなくもないし…でも正直未経験の身からしたら不安でしかなかったです。

初クライアント先常駐開始

入社してから約2週間くらいし、初めての現場へ。
そこはビルの一室を借りている現場で、そこでは社長とそこの社員の方1人、自分の会社から派遣されている新卒社員2人と自分の計5人。こじんまりとした現場でした。

作業している方、みんな別案件笑

僕は社長からの指示で仕事をもらっていました。

が……

指示の意味がわからない。
「何をどうしていいのか」、「なんのツールを使えばいいのか」、「その単語何?」状態でした。
まずは単語の意味を調べるところからスタートなので作業に取り掛かるまで、時間がかかる。結構マジでチンプンカンプンでした。

さらに、社長「スノーみたいな感じのカメラアプリ作ってみてよ」

……あ、はい。笑

いや待ってくれよ、JAVAもSwift言語も触ったことねーよ?

って感じでした。

できるとこまでやってみてよって言われましたが、全然できませんでした。
開発環境も入ってないのでそこからのスタートでしたね。

疑問に思ったことを聞きたくても、それぞれみんな別案件の作業やっているし聞きづらいしアウェー感半端じゃなかったです。

しかも、また別案件で知らない人の自宅に行きPCとプリンターの設定をしにいくという全くよくわからない仕事もありましたね。

あとペッパーのアプリ作ったりもしたな〜。

それは面白かった。

そんなこんなで辛かったので、自分の会社の営業に頼み込んで派遣先を変えてもらうことに。

2つ目の常駐先開始

2つ目に常駐先は某有名メーカーでしたね。多分みんな知っている。
まあ結構な大手だったので、クライアント先はえらい広かったですね。
そこではチームごとに人が固まっていて、先輩とセットで入れてもらったのでだいぶ働きやすかったですね。疑問に思ったことも聞けたし。
でもまあ、その頃にはSE辛い。孤独感半端ない。もう辞めたいってずっと思いながら働いていました。あまりやりたかった事じゃないし、やめるなら早くやめようって思ってました。

趣味でコードを触ってたりしていた頃は凄く楽しかったのに、仕事になった瞬間楽しくないし、面白味もないし、向上心も無くなっていました。

これから頑張ろうって思って入社したが、結構メンタルズタズタで髪の毛もセットしなくなり、コンタクトも入れずメガネで出勤。電車の中でも帰りたいしか思っていませんでした。

そんな感じで、約半年間のSE人生は終わりました。笑

会社選びは慎重に

今回僕が入社した会社は結構特殊だったかもわかりませんが、仕事を探す際は、何をやっている会社なのか、どんな会社なのか、その会社の強みなどもしっかり調べ選ぶべきだと思いました。
未経験とはいえ、こちらにも会社を選ぶ権利はあるのですからしっかり自分にあった所を選ぶのがいいでしょう。
自分自身も、もっとweb業界の知識をつけ、もっと下調べをしてから入社するべきだとこの失敗から学ぶことができました。
当時は、早くWEB業界で働いて早くスキルつけて稼いでやろうって少し焦っていたのかもしれません。焦らず、ゆっくり慎重にですね。

SEをやめてよかったこと

今はSEをやめてよかったと思います。
やめた当初は、もうコードなんて触りたくないなんて思っていましたが、現在ブログを始めたのもその経験があったからだと思っていますし、学んだことは役立っていますしね☆

あと勘違いしないでいただきたいのが、これはあくまで自分個人の感想になります。
SEは素晴らしい仕事だと思いますし、SEを目指している方は頑張って欲しいと心から思っております!

僕は今接客や営業の仕事をしており全く違うジャンルですが、空いた時間でブログ記事をかき色々とスキルアップできたらと思っております!

人生常に勉強だね☆

いや〜ブログ楽しい☆☆

では、終わりです☆

コメント

  1. […] […]

  2. ご覧頂きありがとうございます。

トップへ戻る